塾講師の選び方

「塾に行けば成績が上がる!」、そう思っていたのにいざ通わせてみると・・・という経験はありませんか?塾の費用や送り迎えの時間と労力の代価と見合った結果、好成績を出せていると言えるご家庭があるなら知りたいわ!なんて思うのも無理はありません。
なぜかって?成績アップに必要な、子どもの勉強に対する熱意。
これを引き出す役割の人間、生徒を勉強に引き込む側の塾講師のほうに問題があるからです。

塾講師は勉強を教えるエキスパートです。
学校では勉強以外にも友達関係や生活態度などの指導があるぶん勉強のためにあてられる時間は限られていますが、塾では勉強だけのために生徒が集まるという理想の環境が成立します。
この環境を統率するのが塾講師です。
生徒の意識を学習に向かわせ、成績向上のために努力することの意義を伝えるはずの塾講師ですが、世の中には生徒を自習させるだけの塾講師や、学校の先回りをして学習を進めているだけの塾講師が存在するのです。
そんなところに子どもを行かせてしまっては、お金も時間ももったいないと思うのが親心でしょう。

「~さんのとこは、隣の奥さんもいいって言っていたから。」なんていう口コミ情報も大事ですが、塾講師選びに限っては通用しないことが。
なぜならその評判は子どもの学力向上とは関係ない、講師の人気とかおもしろさが元になってのケースが多いからです。
じゃあどうやってわが子に適した塾講師を選べばいいのか。
今日はこの「塾講師の選び方」についてお話をしていこうと思います。

塾講師の選び方で大切なことを2つ挙げておきますね。
1つ目は「子どもと対話」、2つ目は「人気の秘密」です。
間違った塾講師を選んでしまわないように、ぜひ今後の参考にしてくださいね。